弁護士 司法書士 解決

MENU

2016/06/15 13:28:15 |
払えない借金の整理を行う債務整理は、様々な手続きによって今後の生活における借金の返済負担を軽くするものです。債務整理にも種類があり、借金の返済が一切できない、とても払える金額ではない場合に行う自己破産や、払えはしても今のままの返済プランだと負担が大きくて返済が進まない際に債権者との話し合いで借金の減額を行う任意整理が一般的です。その他にも個人再生や特定調停といった債務整理もありますが、多く採用されているのが自己破産か任意整理となり、それぞれによる違いは今後の借金返済の必要があるかないかです。自己破産は財産も清算する代わりに借金の返済の必要が無くなり、とりあえずは借金返済をリセットできます。任意...
2016/06/15 13:28:15 |
ローンといっても様々ですが、例えば住宅ローンの支払いができなくなってしまった場合にはどのような状況をイメージするでしょうか?住宅は手放さなければならなくなり、自己破産によって何もかも失うと大げさに考える方が多いことでしょう。たしかに収入がなくなってしまって今後のローンの支払いができないという状況であれば自己破産しかありませんが、収入はあっても現在の返済プランでは厳しいといった方であれば、別の方法による解決も可能となります。何もローンが払えない=自己破産ではないので、弁護士や司法書士への相談を行うといくらでも別の解決方法があることが分かります。ローンは払っているけど何とかしたい、もう少し負担を減...
2016/06/15 13:27:15 |
交通事故に遭うと、多くの場合は示談によって慰謝料などの金額を決めます。当事者同士で決める場合もあれば保険会社を相手にする場合もあり、どちらにしても被害者としては交通事故の被害に遭った上で示談交渉を進めなければならないとなると、どうしても負担となります。そもそも当事者同士での示談は避けるべきであり、交通事故による怪我、残る障害は後から発覚することもあります。当事者同士で難しく考えずに簡単に示談を成立させてしまうと、後から症状が出た場合でも慰謝料を含む損害賠償の請求ができなくなってしまいます。示談は成人の場合には口約束でも成立とみなされ、取り消すためには双方の合意が必要となります。後から症状が出て...
2016/06/15 13:27:15 |
通常の貸金業者などの借金問題と比べて何かと厄介なのが、闇金融です。違法な貸し付けで滅茶苦茶な取り立てや嫌がらせを行ってくるため、どうしても解決が難しくなってしまいます。あまりにも簡単に借りられるために利用をしてしまう方もいますが、一度でも借りてしまうとトラブルになる確率が高いのが闇金融です。返済ができなくなれば自分自身だけでなく家族や会社にも取り立ての連絡が入るようになり、最終的には嫌がらせを行ってきます。毎日のようにかかってくる取り立ての電話で勤務先の業務にも支障が出てしまい、あまりにも酷い場合には会社をクビになってしまう可能性すらあります。会社をクビになってしまえばお金がなくなり、闇金融へ...
2016/06/15 13:27:15 |
借金返済を長期に渡って滞納をしてしまった場合などは、債権者から訴状や支払督促が届く場合があります。それまでの催促の通知や連絡とは異なる訴状や支払督促は、受け取った後の対応をしっかりと行わないと大変なことになります。例えばそれらの書類が届いて何もしなかった場合、裁判となる可能性があります。裁判にも出ずにそのままにしていれば言い分は何もない、異議無しとされ、債権者側の要求が全て通るようなこととなってしまいます。支払えるお金がない、財産もないというのであればどうにもなりませんが、訴状や支払督促を送っている場合には債権者も払えるだけの収入や財産があることを把握している場合が多いので、差し押さえなどによ...