弁護士 司法書士 解決

MENU

交通事故の示談相談も弁護士にお任せ

交通事故に遭うと、多くの場合は示談によって慰謝料などの金額を決めます。当事者同士で決める場合もあれば保険会社を相手にする場合もあり、どちらにしても被害者としては交通事故の被害に遭った上で示談交渉を進めなければならないとなると、どうしても負担となります。

 

そもそも当事者同士での示談は避けるべきであり、交通事故による怪我、残る障害は後から発覚することもあります。当事者同士で難しく考えずに簡単に示談を成立させてしまうと、後から症状が出た場合でも慰謝料を含む損害賠償の請求ができなくなってしまいます。

 

示談は成人の場合には口約束でも成立とみなされ、取り消すためには双方の合意が必要となります。後から症状が出てきたからと加害者側に示談のやり直しを持ちかけたところで応じることはほとんどなく、結局は被害者側が損をしてしまうのです。

 

日常的に事故が起きている愛知県などでは当事者同士の示談も多いとされており、交通事故件数が全国でワースト1だからこその変な慣れといった面もあります。軽い事故であればいちいち保険会社を挟むよりは当事者同士でと考えるのですが、被害者の立場からすればそれは避けるべきです。

 

示談はしっかりと進めないと最終手金損をするのは被害者側となるため、詳しいことはよく分からない、専門知識が無くて示談がうまく進められないといった方は、頼れる弁護士や司法書士のもとで相談をしてみると良いでしょう。

 

交通事故の示談に関する話であれば愛知の交通事故被害者示談相談にあるように愛知県内でも多くのところで相談ができるようになっているので、被害者になってしまった場合にはまずは相談です。