弁護士 司法書士 解決

MENU

ローンが払えなくても諦めるのはまだ早い

ローンといっても様々ですが、例えば住宅ローンの支払いができなくなってしまった場合にはどのような状況をイメージするでしょうか?住宅は手放さなければならなくなり、自己破産によって何もかも失うと大げさに考える方が多いことでしょう。

 

たしかに収入がなくなってしまって今後のローンの支払いができないという状況であれば自己破産しかありませんが、収入はあっても現在の返済プランでは厳しいといった方であれば、別の方法による解決も可能となります。

 

何もローンが払えない=自己破産ではないので、弁護士や司法書士への相談を行うといくらでも別の解決方法があることが分かります。

 

ローンは払っているけど何とかしたい、もう少し負担を減らしたいといった相談でも受け付けてくれ、場合によっては解決のための手助けもしてくれます。依頼をするとなると弁護士や司法書士の費用がかかりますが、今後の安心の暮らしを考えれば安いものでしょう。

 

住宅以外のローンでも同様で、マイカーの購入や教育資金のためのローンにおいても支払いで困ったときには相談ができます。期日が迫ってきてローンが払えそうにないとなると焦ってしまって変なところからお金を借りてしまう方もいますが、返済のための借り入れはその場しのぎにしかならないので避けるべきです。

 

今後の継続しての支払いが難しいのであればしっかりとした対応や解決が必要となるため、ローンが払えないのであれば弁護士や司法書士にまずは相談です。