弁護士 司法書士 解決

MENU

訴状や支払督促が届いた後の対応

借金返済を長期に渡って滞納をしてしまった場合などは、債権者から訴状や支払督促が届く場合があります。それまでの催促の通知や連絡とは異なる訴状や支払督促は、受け取った後の対応をしっかりと行わないと大変なことになります。

 

例えばそれらの書類が届いて何もしなかった場合、裁判となる可能性があります。裁判にも出ずにそのままにしていれば言い分は何もない、異議無しとされ、債権者側の要求が全て通るようなこととなってしまいます。

 

支払えるお金がない、財産もないというのであればどうにもなりませんが、訴状や支払督促を送っている場合には債権者も払えるだけの収入や財産があることを把握している場合が多いので、差し押さえなどによって取り上げられてしまう可能性があるのです。

 

中でも最も困るのが、給料の差し押さえです。実際に弁護士や司法書士のもとにも借金返済をずっと行わなかったために給料が差し押さえられたと相談に来る方もいるほどで、その前に何らかの方法による借金整理を行えばよかったものの、放置をしていたばっかりに問題が大きくなってしまうのです。

 

訴状にしても支払督促にしても、届く前には何度も債権者からの連絡があるものです。電話での連絡に始まり催促の通知なども自宅に届きますが、それらは無視をしても法的に何かがされるわけではないので感覚が鈍ってしまうのです。

 

催促状よりも遥かに強い通知となる支払督促や訴状が届いた場合には、しっかりと正しい対応で解決を行わなければなりません。分からない部分に関しては弁護士や司法書士に相談をすれば解決の手助けをしてくれるので、まずは話を聞いてみると良いでしょう。