弁護士 司法書士 解決

MENU

高い費用がかかると思われている債務整理

払えない借金の整理を行う債務整理は、様々な手続きによって今後の生活における借金の返済負担を軽くするものです。

 

債務整理にも種類があり、借金の返済が一切できない、とても払える金額ではない場合に行う自己破産や、払えはしても今のままの返済プランだと負担が大きくて返済が進まない際に債権者との話し合いで借金の減額を行う任意整理が一般的です。

 

その他にも個人再生や特定調停といった債務整理もありますが、多く採用されているのが自己破産か任意整理となり、それぞれによる違いは今後の借金返済の必要があるかないかです。

 

自己破産は財産も清算する代わりに借金の返済の必要が無くなり、とりあえずは借金返済をリセットできます。任意整理は今後の返済プランを見直す債権者との話し合いとなるために支払いは継続しなければなりませんが、返済の負担は抑えられます。

 

どちらにもメリットもデメリットもあるためにどの債務整理が優れているかは一概には言えませんが、計画さえ見直せば借金の返済ができる状況であれば、自己破産よりも任意整理の方が良いでしょう。

 

手続きとしても任意整理の方が軽く、デメリットもいくらか軽度で済むため、借金返済ができるなら自己破産を選択する必要はありません。また、どちらも弁護士や司法書士に頼むとなれば債務整理依頼の費用がかかりますが、任意整理の方が安い場合が多い点も優れている部分であると言えるのです。